読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズにまったく興味がなかった20代後半の私がKAT-TUNにハマった経緯を振り返る


最近読んだジャニヲタブログ30選 - それは恋とか愛とかの類ではなくて

 

この記事のジャニーズ入門のカテゴリーにまとめられたブログを楽しく読んでいた。そして気づいた。

『私は誰に落されることもなく勝手にKAT-TUN担に転がり落ちてしまったので自分でまとめないと何も残らない』ということに。

思い立ったが吉日。忘れないうちにまとめようと思い、いそいそとキーボード打ってる。寒いから手が冷たい。

 

昨年5月にハマるまで私はKAT-TUNの存在をまったく意識してなかった。むしろジャニーズ自体にさほど興味がなかった。ABC-ZとジャニーズWESTについてはグループの存在自体知らなかったし、Hey!Say!JUMPが何人組かもわからなかった。関ジャニ∞Kis-My-Ft2のメンバーの顔と名前はほとんど一致していなかったし、Sexy Zoneはラブホリ先輩しか知らなかったので彼がセンターなんだろうと思っていた。各グループ担当のみなさん本当にごめんなさい。今はちゃんとわかります。

 

そんな私だったがかろうじて身近にNEWS担の友人がいたのでNEWSが出る番組はなんとなく見たり、彼女が見れない番組を録画して焼いたりしていた。そしてNEWSについて色々話を聞き、美恋魂のDVDを借りて見てみるとライブ前からお客さん泣いてるわ、本人たちも泣いてるわで「NEWS良かったね…」とうっかりもらい泣きしてしまい、気付いたらNEWSとNEWS担を影からひっそり応援する人になっていた。

ちなみにKAT-TUNにハマる遠因はNEWSなのでまたすぐ登場予定。

 

KAT-TUNにハマるまでの自分をざっくり振り返る*1

  • 好きな音楽は斉藤和義さんとスキマスイッチとバンド関連、時々アニソン
  • ライブハウスに行くことが多く、年1回は音楽フェスに行ってた
  • アニメを見るのが好きで1クールに数本見てる
  • 2014年 1月に綾野剛さんにハマり、3月に映画の舞台挨拶で本人を拝見するまでに至る

だいたいこんな感じで生活にジャニーズが入ってくることはなかった。そうあの日までは。

 

 2014年5月21日。ザ・少年倶楽部プレミアム5月の放送日である。

この日のゲストはNEWS。例にもれずこの日も録画をお願いされていたので、せっかくだからとリアタイしていたのである。

『あーそういえばKAT-TUN全員揃ってるのって久しぶりに見るなー』ととても軽いノリで番組を見ていたのだがある部分に完全に心をつかまれてしまった。この日披露された「In Fact」と「4U」である。

「In Fact」の間は「なにこの曲めっちゃかっこいいんですけど!!!!」

「4U」の間は「この曲すごくいいー!!こういうアレンジすごく好き!!!!」

という感想で私の心は埋め尽くされてた。もうこの時点で大分落ちていた。

終わってすぐ録画を見返して、これはいい…と浸っていた。かっこいい感じの曲やおしゃれな雰囲気の曲に弱かった私のツボをこの2曲は見事にとらえていたのだ。この日以降毎日この2曲を見返して、KAT-TUNのMステ出演が決まった時は「KAT-TUN出るの楽しみー!」とTwitterで呟くくらいまでになってた。自分でも展開が早いと思う。

 

そして6月に入りIn Fact通常盤を購入するところに至る。ただ発売日には購入せず*2、翌週発売のNEWSの「ONE-for the win-」とまとめて購入。どちらもとても良かった。そしてその4日後、友人にプレゼントしようとNEWSの写真を買いにジャニショ*3に行った時、一緒に中丸くんの写真を購入していた。だから展開が早い(2度目)

 

ここで何故中丸くんだったかというと明確な理由は自分でもよく覚えていない。唯一きっかけと言えるなら少プレよりも前のシューイチ、確かスポーツコーナーのW杯の代表が誰になるかという話題でヒデさんから「中丸くんどうする?代表に呼ばれたら」という何気ない質問に「ダメです!今うち人数少ないんで!」と至極真面目に答えていたことである。

KAT-TUNのメンバー脱退についてはWSやネットで話題になった程度しか当時は知らなかったが、こういう質問は冗談でも呼ばれた時のことを楽しそうに返答するというのが鉄板だと思っていたのでこの中丸くんの返答に「へぇーこの人、真面目なんだなぁ」となんとなく印象に残り、KAT-TUNに興味を持ってからは気付けば中丸くんばかりを見るようになっていた。そして現在中丸担である。人生何がきっかけになるかわからない。

 

私が2013年カウコンDVDとIn Fact初回盤を購入するのはさらに数日後の出来事である。順序絶対逆だろ、なんで先に写真買ってんだよと自分でも今更思う。

KAT-TUN初心者の私には今までのKAT-TUNを振り返る構成のカウコンはちょうど良かったし、この曲も好き!あの曲も!っていうのがいっぱいあってその後の音源収集にとても参考になった。そしてKAT-TUNライブの特徴でもあるド派手なライブ演出にジャニーズってすごいな…と圧倒されっぱなしだった。あとどうしてもKAT-TUNにはとんがってるイメージがあったのであんなにかっこいい曲を歌い踊るメンバーがMC中はわちゃわちゃ普通に話しているというのも意外だった。

In Fact初回盤は最初は購入する予定はなかったがTwitterでふと「特典映像でバーベキューをしている」というのを見かけ、何それ面白そう!と購入したのである。あのツイートをした方に心から感謝している。楽屋のコーナーの4人でわいわい遊んでいる映像ももちろん良かったが、私が一番印象に残っているのはIn Factのメイキングのとある部分だ。

 

中丸くんがセットの丸いところに入り込んだ田口くんと上田くんに声をかける場面。そこに亀梨くんがてててとやってきて中丸くんの腕を掴み「上田くんあーそびましょー!」と呼びかけるのだ。その呼びかけに「はーい!」とこたえて出てくる上田くんと「俺も誘えよ!」とつっこむ田口くんという一連の流れである。

 

「なにこれKAT-TUNって、めっちゃかわいいじゃん!!!」

 

もう見ながら悶えていた。この場面何度見返したかわからない。ここまでくると「曲がかっこいいからKAT-TUNが気になる」というところから「KAT-TUNがメンバーそれぞれも含めて気になる」というところに自分の中でも変化していったのである。

そしてアルバム「come Here」はDVD付きの初回盤を発売日に購入した。「In Fact」のスタイリッシュな雰囲気から一転して楽しげな雰囲気の「COME HERE」のMVを見てKAT-TUNの知らなかった一面を見たという印象だった。このころからカウコンDVD収録曲が入った音源を集める作業がスタートした。一番最初に買ったのはEXPOSE初回盤2と楔-kusabi-初回盤1だったと思う。シューイチを毎週録画するようになったのもこの時期だった。

 

 

そして8月。私は友人と共にKAT-TUNのライブに行くことになった。初めてペンライトとうちわを買ってドキドキしながら会場に入った。ライブ前にあんなにドキドキしたのはKAT-TUNが初めてだったと思う。

話は少し逸れるが私はそれまで生きてきて「キャー!」という歓声を上げたことがなかった。そしていくらジャニーズのライブだからと言ってそんなすぐ出ないだろうと思っていた。そんな心持ちの中、暗転してOPの映像が流れる。今回の映像はメンバー1人1人が順番で出てきて「come here」と観客を手招きするというもので1番最初が中丸くんだった。その映像の中丸くんが「come here」って言った瞬間、周りのお客さんと一緒に自分の口から「キャー!」という声が出ていたのである。早過ぎる。相手は映像だぞと心からツッコミを入れたい。でもあのOP映像本当に良かった。早くディスク化してください。

ライブ中は本当にステージに釘づけだった。それぞれの個性が出たソロ、なかまループマシンやストンプコーナー、キューブを使った光の演出…。楽曲の素晴らしさはもちろんだがその魅せ方がすごく上手いなと思った。そして気づいたらライブが終わっていた。あっという間だった。

KAT-TUNのライブはメンバー4人もだが見ている観客もみんなキラキラしていて本当に素敵な空間だったし、またこの空間を体感したいなというのが終演後の感想だった。もう完全に抜け出せないレベルに落ちていた。

ちなみに私が入った福岡1日目はマキアや少プレの取材が入っており、後日自分が行ったライブを媒体を通してまた見ることができるという嬉しい誤算まであった。 

 

この後、何も考えずに9月にFC加入したら運良くカウコンの申し込みに間に合い、1人でカウコン2日間参加するという話に繋がるのだが経緯だけでも思ったより長文になったのでこのあたりは割愛する。今年はKAT-TUN担の友人ができたらいいな。

 

 

最後に、読んだブログに触発されて勢いで記事にしてしまったので文章読みにくい点が多々あったかと思います。備忘録に近い内容ではありましたが、ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。せっかくはてなブログに登録したので、今後も何かしら文章を残せるようにしたいです。

 

 

 【3/8追記】

思った以上に多くの方に閲覧して頂きびっくりしています。TwitterのRT先をいくつか覗きにいったのですが「面白かった」や「新規さんようこそ」など肯定的な反応が多かったのが嬉しかったです。まだまだKAT-TUNについて知らないことが多いので自分のペースで勉強していきたいと思っています。

*1:音楽フェス以外はすべて現在進行形

*2:当時はオリコン初登場1位の重要性を全く気にしていませんでした

*3:頼まれてNEWS10周年記念の写真を買いに行っていたのでジャニショの場所はわかってた